ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 備忘録的な | main | 最近の日課 >>
2019.08.30 Friday

番犬か?

JUGEMテーマ:つぶやき。

 

 

車の中でお利口さんで待っています。

 

 

相変わらず忙しいのか忙しくないのか、よく分からない毎日を送っています。

本日は朝から猫の保護活動をされている方のお手伝いをした後、

動物の主治医から連絡が来て、入院していた実家の猫が退院出来るからお迎えに来てと。

実家に立ち寄り母親とピックアップした後、獣医さんへと出向いて猫を引き取りに。

 

話は少しそれるけれど

 

父親、歳を重ねて頑固に・・・ じゃなくて、

間違いなく認知症を発症していると思うところが多々あって、

それでも現実を受け止めきれない?認めたくない老人、約2名。⇦それはもう両親と言っている。(笑)

実際に父親と同じ症状を発症して・・・という人達を何名も見ているので、

娘は着々と関係各所に連絡をして色んな準備を始めているものの、当の本人たちが動かないことには

どーにもならん事がいっぱいある。非常に面倒臭い。

なので、移動の車の中で、逃げられない状況下で母親とこの問題、今後の問題などを投げかける。(鬼)

 

飼い猫も歳を重ねて問題がいくつも出てきているところに

父親の問題も勃発。

 

厳しい、冷たい言い方だけど、

予測せずに、深く考えず、なんとかなる。なんとかしてくれるだろう的思想でいたツケが

フットワークが重たくなってきてから降りかかると、こーゆー現実になるんだなと

娘は非常にドライな感覚で見ている。

 

だからこそ、準備は大事だなと思う。

いや、柔軟性が非常に求められるんだなと思った。

 

ここからは更に嫌な感じ?重たい?話を

 

現在、彼の両親を入れて4人の高齢者がいる。

内2名は病気なりして、問題が起きている状況。

 

でも、ぶっちゃけ動いている。動けているのは私。

それぞれの兄弟の家庭の状況、環境も考えると致し方ないのかなと。

 

だけど、本当はそれは非常に良くないなとも思うので、

私はすべての情報を出来るだけ分かりやすくしてライン等で流して共有するようにしている。

何故ならば、もし私が倒れたりしたら、次に誰が動くのか、動けるのか、

動いてくれるにしても現状がどうなっているのかが分からないのはもっとダメだから。

 

最近、常に思う。

晩婚、高齢出産、これが定着して良いだろうかと。

 

お互いの兄弟は晩婚、高齢出産のパターンにより、

親が高齢になってお世話などが必要な時に、

子供がまだ小さいとか学校等の教育費がかかる時期に重なる。

 

時間の余裕がない。

お金の余裕がない。

 

これね、本当に厄介です。

 

 

ないから出来ない。

 

 

では済まされないのですから。

 

動物に関してもそう。

高齢になって病気になったりしてお金がかかるようになったら、

そんなことまで考えていなかったからどうしよう・・・って。

 

 

みなさん、目先のことばかり見てませんかね?

 

 

子育て終了してホッとしている時間だったんだけどね。

皆さんが結婚していない時、自分の時間を満喫されている時、

私は子育てに時間を割いて自分の時間なんか持っていなかったんだけどね

時間あるんでしょ?的な発想、どうなんでしょうかね。

 

私、不毛な言い争いが嫌いというか、生産性のない時間を過ごすのが嫌いなので、

この手の話になったらスルーするというか、ハッキリ言っておきます。

 

 

今は私が動けるけれど、私がダウンしたらちゃんと引き継いでちょうだいね。

 

 

実際お正月に入院したこともあり、兄弟には現実味を持って伝えてあります。

勿論、依存心の高い両親にも話しています。

 

自分の身にも降りかかるんだぞ!

他人任せで済まされないんだぞ!

 

それをしっかりと伝えておく。

じわじわっと感じさせておく。

それがとても大事なんだと思います。⇦悪魔です

 

でもね、介護って大変だけど、本当に心身ともにすり減らされること多いけれど、

非常に学びの場でもあるなと思います。実感しています。

そして、人間力が試される。鍛えられる場でもあるなと思います。

 

神様がきっと、もっと学びなさい。人として成長しなさい。って

言っているんだと思って、頑張りすぎずに頑張ります。

Powered by
30days Album